読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イタリア人になる方法

読みました。

あこがれちゃいますねぇ、イタリア生活。

ブランド物には、何か自分の個性を感じられるものを合わせなければ、おしゃれに入らない。常識にとらわれず、自分らしさをどこかに組み込む。

イタリア人がすてきなのは、センスのよさだけではない。姿勢がいい。男も女も胸を張るようにして歩く。
イタリア人が忘れないのはアイロン。ピリッとアイロンのかかった洋服を着て、背筋を伸ばして歩くのがイタリア式だ。

コーヒーオーダーでも個性を発揮する。
まずミルク、長期保存用を使用している店は失格。泡の立て方、しっとりと濃厚な泡が立てられないと失格。コーヒーの香り、店の雰囲気。
イタリア人はコーヒー一つだって「人と同じ」は駄目。それぞれが自分の好みを絶対に曲げない。一人ひとりが自分のお気に入りの店を持っている。
コーヒーのバリエーション

  • 普通のカフェ:イタリアでカフェと言ったらエスプレッソのこと。
  • カフェ・マッキアート:しみのついたカフェ。ミルクが少し入ったカフェで、これを頼むと「温かいの?冷たいの?」と聞かれる。これはミルクのこと。
  • カフェ・ルンゴ:エスプレッソより少し長く抽出。カフェは少し多くなる。
  • カフェ・ドッピオ:ダブル・カフェ。倍近く抽出したもの。
  • カフェ・コレット:コニャックやグラッパ酒を入れたもの。
  • カフェ・アメリカーノ:薄いコーヒー。イタリア人が頼んでいるところを見たことがない。
  • カフェ・マロッキーノ:小さいカプチーノ
  • 普通のカプチーノ
  • 泡なしのカプチーノ:ミルクの泡部分を避けてコーヒーに入れる。
  • カフェ・ラッテ:日本のカフェ・オレ。ミルクの分量が多い。
  • ラッテ・マッキアート:しみのついたミルク。ミルクの割合が多く、ミルクにコーヒーでしみをつける。