読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来

読みました。

若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来 (光文社新書)

若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来 (光文社新書)

企業に勤める人間としては、あまりにも恐ろしい内容。知らないほうが幸せだった?

企業内で今何が起きているのか?数少ない管理職ポストの空席待ちに、30代〜40代社員による長蛇の列ができている。

これまでキャリアとは、会社が与えるものだった。年功序列というレールの上を走るだけなら、キャリアを考える必要はない。社内の序列はあがっていくもの。

今、そのレールが終わった。
レールの上だけが人生ではない。ただ、それを受け入れられるのは、レールで行き詰まってからなのかもしれない。

るか、それとも完全にキャリアパスが止まってしまうのか。それがはっきりと分かるのは、30代だ。これが企業内で30代が壊れていく最大の理由。

非正規労働者に共通するのは、彼らに年功序列というレールは最初から存在しない。

就職できなかった既卒扱いなると、その後ほとんどの企業で「既卒者は門前払いされる」ことになる。
年功序列制度では年齢で人の値段が決まる。企業の線引きは新卒と既卒

早期退職制度。企業側では、辞めてほしいターゲットはとっくに絞られている。

年功序列の本質とは「ねずみ講」。成長しつづけパイが大きくなること。