読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブランド人になれ!

読みました。

トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦〈1〉ブランド人になれ! (トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦 (1))

トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦〈1〉ブランド人になれ! (トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦 (1))

振り返ると数年前にも読んでいるみたい。
しかも自分の中で響いているポイントが違っていて面白い。同じ本でもここまで違うのか。

●ブランド人とは
・あなたは一流になりたいと個々の底から思っているか?ほかの誰にもできないことをやってやろうと思うか?そのために求められる犠牲を理解しているか?この問いへの答えがNoであればブランド人になるのは諦めたほうがいい。
・誰にも頼らず自分の力で生きていける人
・一目で違いがわかる、お客さんの期待を裏切らない、人の心をいやす、グッとくる
・あなたが「会社」だということ
・その会社に意識的に、将来に投資をしているか
・会社であれば顧客がいる
・お客さんの話をよく聞く、いたわる、助ける、苦楽をともにする
・自己ブランド化は、個人であるとともに、チームスポーツでもある
・同じ志を持つ者、そのネットワーク
・あなたのネットワークを広げること
・信頼できる仲間、自分という会社の取締役のような存在が必要、常に報告したり相談に乗ってもらえる人


●自分をパッケージングする
・自分をブランドに仕立て上げるには、どう自分をパッケージングするか、メッセージを的確に伝えられるかを考える
・パッケージングとは個性の表現にほかならない
・自分は他人とはどこが違うのか、その違いにどういう価値があるのか

●自分の振る舞いを見直す
・自分はどういう時間の使い方をしているのか
・会議で自分が貢献しているのは、どのようなことか
・自分はどういう人たちと付き合っているのか

●自分という名の会社
・朝、出社して自席に座ったら、こう自分に言い聞かせる
・「今はこの会社に勤めているが、私はフリーエージェント。ここには助っ人に来ているだけ。その期限を決めるのは自分」
・8つの帽子を揃える。

1.マーケティング
・あなたのパッケージングは、人々を感動させ、記憶に残るものか
・どうお客さんにアプローチし、どう喜んでもらうか
・オーラがあるか、名前を覚えてもらえるか、イメージがよいか、評判がよいか

2.商品開発
・あなたが提供するサービスは何か
・自分の商品ポートフォリオを絶えずアップグレードしているか
・新しい分野、チャネル、スタイル、方法、パッケージング、価値

3.業務管理
・報告書
・信頼できる外注先
・月々の締め
・細々とした日常業務
・会社の信用を築く

4.顧客サービス
・あなたは誰のために仕事をしているのか

5.販売
・売ってナンボの世界

6.情報管理
・情報インフラ、ファイル管理の重要性

7.時間管理
・今やるべきことにどこまで集中できるか
・戦略的にやるべきことが明確になっているか

8.計画
・あなたは何者か、大切にしているものは何か
・すべては計画にかかっている

●仕事をはお客さんとの二人三脚
・顧客リストを見れば、あなたがどのような会社か分かる
・あなたが20年付き合ってきた人を見れば、あなたがどのような人か分かる
・顧客を評価する基準。その顧客から何を学べるか、信頼できるか、ともに学んでいくパートナーとして自分を扱ってくれるか、新しいことに挑戦する勇気があるか、半端なことでは満足せず過酷な要求をしてくるか。

●自分のコミュニティをつくる、広げる
・管理と運営
・維持、メンテナンス
・育成
・組織化
・メンバーへの関心
・メンバーへの思いやり
・メンバーとの助け合い
・メンバーとの学習
・メンバーの激励
・メンバーから得る信頼