読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熱いビジネスチームをつくる4つのタイプ

読みました。

会社でこの手の研修を受けたことがあります。
その時は「ふ〜ん」てな感じでしたが、今、読むと面白いですね。
乱暴に人を4つのタイプに分類してしまいますけど、どの要素もみんな持っているものだと思います。
ただ、自分がどれが強い/弱いを知ることで、より人とのコミュニケーションが円滑にいきそうな気はします。

CSIとは
・Communication Style Inventory によるコーチング流タイプ分け
・人を4つのタイプに分ける
・コミュニケーションスタイルによる4つのタイプ分けという考え方
・相手に合わせて自分のコミュニケーションのパターンを変える
・観察と試行錯誤によって導き出された相手を一番動かす言葉、アプローチ
・自分のやり方を部下に押し付けるなど画一的なアプローチを取ることの弊害は大きい
・効果的に人とコミュニケーションを交わしていくためのツール
・厳密に4つのタイプに分けられるわけではない
・自分のコアのタイプを知る、そこを大事にする

●コントローラー Controller
・人から命令されるのが一番嫌いなタイプ
・状況はすべて自分がコントロールしたい
・中小企業の社長に多いタイプ
・行動的
・過程よりも結果や成果を重視する
・リスクを恐れず、目標達成に邁進する

●プロモーター Prompter
・注目されることがとにかく好きなタイプ
・自分にハッキリと周りから関心の目が向けられている状態を好む
・新しいアイデアを試す、新しい仕事に挑戦することがモチベーション
・人と活気のあることをすることを好む
・自発的、エネルギッシュ、好奇心、楽しさこそ人生
・多くの人に好かれる
・飽き性

●サポーター Supporter
・いい人
・人間関係が一番大事
・和を構築するように行動する
・人の視点に立って物事を見るのが得意、気配り上手
・相手をよい気持ちにさせることに全力を尽くす
・人を援助することを好み、協力関係を大切にする
・周囲の人の気持ちに敏感で気配りに長ける
・人が好き
・自分自身の感情は抑えがち
・人から認めてもらいたいという欲求が強い

●アナライザー Analyzer
・分析することを好む
・じっくり状況を観察し、データを集め、そこから行動を起こす
・常に慎重に考える
・プライベートなことを初対面の人にいきなり語ることはしない
・行動の前に多くの情報を集め、分析、計画を立てるタイプ
・物事を客観的に捉えるのが得意
・完璧主義、ミスを嫌う
・問題解決と分析の専門家
・人との関わりは慎重で、感情を外に出さない

●各タイプの対処方法
・見分け方
・接し方
・質問の仕方
・ほめ方
・要望の仕方
・仕事の任せ方
・目標提示の仕方
・報告の受け方

●簡易CSIテスト
http://www2.ocn.ne.jp/~honeybee/communication/tips/4typeSimpleCSI.html

●今日の一枚